まちづくりニュース

全17件中 1〜5件目を表示

  • 2015年11月16日

    まちづくり通信 第16号-②

    その他、部会の中でいただいた、主なご意見を掲載します。 連続立体交差事業について                                                                      ・鉄道の高架化は品川駅より人を呼び込むチャンスとなる。                                                 ・高架下利用や旧東海道入口の設えなど、京急と協力してまちのためになることを地元として声をあげていく必要がある。                                                            [...]

  • 2015年11月16日

    まちづくり通信 第16号

    京急立交化に向けたまちづくり検討  東京都が、京浜急行電鉄の連続立体交差事業(品川~北品川駅付近)の調査・検討に入ったことを受け、推進協議会では、「歴史と賑わいの都市軸周辺 まちづくり検討部会(旧東部会)」において、連続立体交差事業に伴うまちづくりについて検討し、この度、品川区へ向けた提案を取りまとめました。                    推進協議会としては、連続立体交差事業は、京急線の“開かずの踏切解消”に向けた取り組みとして理解し、地元のためにも早期の実現を期待したいと考えています。                                                   [...]

  • 2015年1月30日

    まちづくりニュース 第15号

    新年のご挨拶 会員の皆様 新年、明けましておめでとうございます。私ども推進協議会の活動も、今年で5年目を迎えます。 この5年間で、成果の出たものも、そうでないものもありますが、少しづつでもまちづくりに向け、歩みを進めているものと考えております。 しかしながら、当地区を取り巻く環境は、新駅を含む品川駅周辺の開発計画やリニア新幹線の着工等々、大きく動いており、今この流れにのって、この風を利用してまちづくりを進めていくことが大切ではないかと思います。 今年が私ども推進協議会にとって、大きな飛躍の年となるよう、会員の皆様のご協力を得ながら、まちづくりを進めて参りたいと考えておりますので、よろしくご理解 [...]

  • 2015年1月16日

    まちづくりニュース 第14号

    会長の交代について 平成22年の協議会設立以来、協議会活動を引っ張ってこられました荒井会長が交代されることとなりました。 会長の選任は、会則により役員間の互選で決めることとなっており、10月27日に開催された役員会にて、出席役員の満場一致で、金子副会長が新会長に選任されました。 荒井会長には、引き続き副会長として、活動にご協力いただきます。 協議会は、金子新会長のもと新たにまちづくりに向けた取り組みを行って参ります。 重点検討区域のまちづくりについて 現在、品川駅周辺の既開発区域に隣接する区域を、重点検討区域(品川区まちづくりビジョン)として、再開発事業によるまちづくりを視野に入れ、地元有志に [...]

  • 2014年6月20日

    まちづくりニュース 第13号

    平成26年度 通常総会が開催されました。 平成26年5月23日、品川第一地域センターにて、平成26年度通常総会が開催されました。 始めに、当協議会の荒井会長より、「昨年度は、品川浦周辺での勉強会支援や水辺や旧東海道のあり方を検討部会にて検討してきましたが、今年度は品川区のご協力を仰ぎながら、当会にて定めた“品川駅南地域まちづくり構想”を、より具体的に進めていくための議論を重ねて参りますので、皆様のより一層のご協力をお願いいたします。」とのご挨拶がありました。 続いて、ご来賓の品川区都市環境事業部の藤田事業部長、溝口都市開発課長がご紹介され、藤田事業部長より、「品川区は、品川駅南推進協よりご提案 [...]

全17件中 1〜5件目を表示